ポンプなどを使ってトイレのつまりを解決する

排水管 水漏れや、トイレのつまりを解決する方法は、複数存在します。それらの中から適切な方法を選ぶには、正しく状況や原因を把握した上で、解決するための方法を選択する必要があります。

■まず状況を把握する

トイレがつまってしまうと、早くなんとかしなくてはいかないと焦ってしまい、インターネットなどで有効そうな方法を見付けると、すぐに試したくなりますが、状況に応じた方法を実行しないと、効果がないだけではなく、便器や排水管などを傷める結果となってしまいます。何らかの解決方法を行う前に、どのような症状なのか、何が原因となっているのかを詳しく調べてから具体的な解決方法を探さなくてはいけません。緊急時などは、とにかく何かしないといけないと焦ってしまいますが、落ち着いて状況を把握することが大切です。

■ラバーカップやポンプを使うなど、さまざまな解決方法が存在する

状況を把握すると同時に、トラブルの解決方法の内容を理解することも重要です。最も手軽な方法としては、バケツやペットボトルなどで水を流すというものがあります。勢い良く水を流すことで、つまりの原因となっていた溶けづらいものが、だんだんと柔らくなくなり、流れ出すことを期待する方法です。水ではなく、ぬるま湯を流す方法もあります。水以上の効果かが期待できますが、あまり高温だと便器などに負担がかかってしまうので、50度程度のお湯を使います。他には、ラバーカップや手動のポンプを使うこともあります。

■まとめ
つまりの解消方法にはいろいろなものがあります。状況に応じた方法を選んで実行すると共に、無理して自分で解決しようとし過ぎないことが肝心です。専門的な器具や技術がないと解決できないこともありますから、時間が掛かりそうだと感じた時は、修理業者に連絡をして相談することが賢明な選択です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ