タンクの付いたトイレのつまり解消方法

タンクに貯めた水を流すことによって便器をキレイにするタイプのものが、家庭では良く使われています。このタイプは、使用後にレバーやボタンを操作して弁を開き、水を流す仕組みとなっています。極めて単純な構造ですが、使い方によってはつまりなどが起こる場合もあります。そんなとき、どうすれば良いのかを理解しておきましょう。

■タンクに問題がある場合は?

トイレの水が流れなくなった時は、その原因がタンクにある場合と、便器や排水管にある場合とが考えられます。レバーを操作しても少ししか水が流れないときは、タンクに原因がある場合がほとんどです。使われている部品が劣化したり壊れたことで、便器に十分な量の水を流せなくなるので、汚物が排水管の中でつまってしまう可能性があります。このようなトラブルに対しては、部品などを交換する修理を行います。

■便器などに問題がある場合は?

正常にタンクから水が流れているにもかかわらず、便器の中の水がいつものように排出されない時は、つまりの原因は便器や排水管にあると考えられます。そのような時は、無理をして水を増やそうとしてしまうと、便器から水があふれることになってしまいますので、つまりの元を取り除かなくてはなりません。それがトイレットペーパーであれば、放っておいても徐々に溶けていくので自然に解決することもありますが、水を吸うようなものや、うっかり異物を流してしまったというときは、きちんと対処する必要があります。手に負えないと判断した時は、修理業者を呼ぶようにします。

■まとめ
トイレがつまってしまった場合は、どこに原因があるのか調べることが大切です。むやみに水を流そうとすると逆効果となることも多いので、落ち着いて状況を把握して、トラブルの原因を突き止めなくてはなりません。原因さえ分かってしまえば、自分で対応したり専門の業者に依頼することで、正常に使えるようにできます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ