トイレのつまりによって床が濡れている時の対処方法

トイレのつまりについては、状況に応じた対応が求められます。比較的余裕のある状態であれば自分で色々と試しても良いですし、落ち着いて対応策をネットで調べることもできます。しかし、トイレから水が溢れたために、床が濡れているような時は、すぐに対処しないと、被害が拡大するばかりです。

■床が濡れている時にするべきこととは?

トイレのつまりによって、床が濡れている可能性のある時は、床を濡らしている水の正体を確かめることが大切です。白いタオルやティッシュペーパーなどを使って、水を吸い取り透明な水なのか汚れた水なのかを確認します。透明な水の場合は、タンクや便器に水を供給する水道から、水が漏れていることになります。汚れた水である場合は、便器や排水管 水漏れを疑うべきです。
ただし、ウオシュレットの水が床に落ちたり、用を足した時に誤って汚してしまうこともありますから、落ち着いて状況を把握しなくてはなりません。

■床が濡れている時の対処方法

トイレの問題のある箇所を突き止めて、パッキンなどの部品を交換するだけで、元通りの状態に戻ることもあります。そのため、ホームセンターなどで、交換用のパッキンを購入してくれば、自分で修理することができる場合もありますが、床が濡れてるような場合は、緊急性の高いことが多いので、すぐに業者に連絡して来てもらった方が無難です。濡れた場所から、他の部屋などに水が漏れている可能性もあるので、時間を経過すると状況がさらに悪化することになってしまいます。

■まとめ
トイレの床が濡れていても、手を洗ったり用を足した時に問題があったのだろうと思ってしまうこともありますが、トイレのつまりが原因の時は、早急に修理しないと大きな問題となってしまいます。床材が湿ってしまうと、トイレの修理だけではなく状況によってはリフォームのための費用も負担することになるので大変です。インターネットでなどで検索すると、トイレ関連にトラブルを解決する業者を見付けられます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ